« テングの舞 | トップページ | 北ベトナム採集紀行第1歩 »

夜間採集

Photo_9

ベースキャンプ地の風景

Photo_10

ベースキャンプ地のそばで咲いていたブーゲンビリア

Photo_11

よそ者の犬を追い払うボス犬のグループ。 ベースキャンプ地の周辺には犬が沢山いる。どの犬もたくましく胴がしまり足に筋肉が付いている。狂犬病の注射などしてないので咬まれると大変危険。

Photo_12

朝早く、ベトナム国旗を模したTシャツを着た高校生風の学生がバイクにのって学校に行くのだろうか?

Photo

毎日朝7時朝食、7時40分出発。ベースキャンプには16時帰着。17時夕食、17時40分夜間採集に出発。帰着は23時。毎日これの繰り返し。目がクラクラするような崖ぷちにトラップを張る。谷からの吹き上げる風にのって虫が集まるのだ。真っ暗なので崖が、気にならない。うっかりすると大変危険だ。崖の反対は、今にも落石がありそうな切り立った岩山。

2

リエン先生とガードマン、現地スタッフで組み立てる。バッテリを使い240ワットの明かりを燈す。海抜1,200m地点。

3

トラップに集まった蛾、甲虫類、ゴキブリ。ものすごい数だ。私は網付きの帽子をかぶっているのだが、網の下からも蛾が侵入して来る。

4

私は蛾や甲虫の採集をした事は無いが、ヨナクニサンだけは別だ。ヨナクニサンとは世界最大の羽の面積を持つ蛾で、羽を広げると30センチにもなる。また、羽の先はヘビに似ている。これで威嚇する。日本では八重山諸島にもいるが天然記念物になっている。私はヨナクニサンだけを狙い2頭採集出来た。ユナクニサンの仲間のエドワードサン。

Photo_2

 エドワードサン  ヤママユ科  縦、横約25センチ四方の巨大さ。

5

突然現れた山岳民族、タイー族の美人女性。

6

一緒に写真パチリ。網付き帽子をかぶった私。中央。

7

杭のテッペンに集まったゴキブリと蛾 地面にはゴキブリがゾロゾロ。

8

ツバメガ 特異な飛び方をする。

Photo_2

ヤママユの仲間? 蝶は灯火には一切集まらない。

|

« テングの舞 | トップページ | 北ベトナム採集紀行第1歩 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

第2話いよいよ来ました!。虫達の、色彩に圧倒されますが、ちょっと、グロテスクでもあり、地球上の神秘を感じます。続きを楽しみにしています。

投稿: 邦SAN | 2010年5月24日 (月) 13時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208699/34722246

この記事へのトラックバック一覧です: 夜間採集:

« テングの舞 | トップページ | 北ベトナム採集紀行第1歩 »