« 春の女神ギフチョウ | トップページ | ヒメギフチョウを探し中央高速を走る »

狭山丘陵のホソオチョウ

201142_012s

2011.4.5 ツクシ  4月5日、15日、16日、17日にもホソオチョウを探しに狭山丘陵へ来たが、出会ったのは15日だけだった。

201142_004s

2011.4.5 ノジスミレ 乾いた明るい場所に多い。比較的早咲き。葉はへら型が多い。

2011415_010s

2011.4.15 ベニシジミ  食草はスイバ  その他、キアゲハ、ツマキチョウ、スジグロシロチョウ、キタテハなど散見された。

2011416_0031s

2011.4.16  キアゲハ 食草はニンジン、アシタバ、パセリ、ハマウド、シシウドなど。

2011415_005s

2011.4.15 ホソオチョウの春型のオス  ついに出会うことができた。うれしい。

2011415_006s

2011.4.15 ホソオチョウ  シャッターを夢中で押した.。

2011415_0071s

2011.4.15 ホソオチョウ なんかアポロウスバのような錯覚を覚えた。

2011415_016s

2011.4.15 ムラサキハナナにとまっているホソオチョウのメス ちょっとギフチョウに、似てなくもない。

2011415_003s_2

2011.4.15 ホソオチョウの裏面

ホソオチョウは本来、日本にいる蝶ではない。アジア大陸東部に生息するアゲハチョウ科の外来種。アカボシゴマダラと同じように放蝶されたといわれている。食草はウマノスズクサで在来種のジャコウアゲハと重なる。進化的にはギフチョウに近い。

2011415_017s

2011.4.15  ハナダイコン(ムラサキハナナ) 江戸時代中国から持ち込まれた。

2011416_004s

2011.4.16 ハナモモ ひな祭りの花.。花を鑑賞することを目的とされ、実は小さく食用には適さない。

2011416_0071s

2011.4.16 ガビチョウ 急に藪のなか出てきた。特定外来種に指定されている。中国南部から東南アジア北部にかけ分布。美しくさえずるためペットとして輸入された固体が逃げ定着した。シロハラなどと.競合する。

2011417_0161s

2011.4.17  ホオジロ 枝先で胸を張って盛んにさえずっている。 

|

« 春の女神ギフチョウ | トップページ | ヒメギフチョウを探し中央高速を走る »

趣味」カテゴリの記事

コメント

ネットで検索しますと、チョウにも人気不人気、外来在来の問題がありホソオチョウは意見が分かれるということですが、ギフチョウに似ていることもあり私も見つけたらうれしくなると思います

投稿: 遊歩道 | 2011年4月21日 (木) 22時16分

蝶も鳥も魚なども外来種が、はびこっています。ガビチョウなどは特定外来種に指定されていますが、ホソオチョウはまだ外来種どまりのようです。

投稿: マイキー | 2011年4月21日 (木) 22時30分

そういえば、人間の世界も相当外来種が増えてます(笑)名前を見ただけでは(外人名+日本人名)種類が不明の人間が会社に増えてきました。読み方すら良くわからない人もいます。ハーフのほうが可愛く感じるのは人間だけでしょう
宇宙人からするとどう人間を分類して良いのか判らないでしょう
きっと

投稿: 遊歩道 | 2011年4月23日 (土) 07時57分

マガモとアヒルを掛け合せたアイガモ、トラまたはヒョウとライオンを掛け合せたレオポン、白人と黒人との混血はムラトー、白人とラテンアメリカインディアンとの混血はメスティーソ、黒人とインディアンとの混血はサンボ、人間と宇宙人との遺伝子実験で1976年に生まれたのがモニカ。

投稿: マイキー | 2011年4月23日 (土) 18時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208699/39620187

この記事へのトラックバック一覧です: 狭山丘陵のホソオチョウ:

« 春の女神ギフチョウ | トップページ | ヒメギフチョウを探し中央高速を走る »