« 大雪山のカラフトルリシジミ | トップページ | 多摩川源流の一の瀬 »

北海道大雪山のオオイチモンジ

201173031_011s

2011.7.30 格安航空券で申し込んだ全日空とAIR DOの共同運行の旅客機

羽田空港朝6時50分発旭川行きに搭乗。旭川ではレンタカーを借り、一路、層雲峡へ。層雲峡には11時30分着。前もって林野庁から取得していた暗証番号を使ってホロカイシカリ林道に入った。後で聞いたところによると、ここは、ひ熊が出るらしく、”山の上”では推奨していないとのこと。道も間違い山の奥まで入ってしまい、かろうじて車の切り替えしが出来た。そんなわけで、蝶の成果も無かった。天気が良かったのに残念。明日に期待。

201173031_026s

2011.7.30 自分で作って来たバナナ・リンゴトラップ。

リンゴをおろしき器でおろし、細かくしたバナナと混ぜ合わせ砂糖とワインをかけたもので一日、発酵させたもの。

201173031_048s

2011.7.30 むし屋の集まる「山の上」では毎晩9時ごろからミーティングが開かれ、その日の成果や採った場所などを中心に初対面の人々と話し合った。この日は、遅く始まったので、終了時間は12時ごろだった。

2011812_107s

2011.7.31 フキの葉っぱに乗せたリンゴトラップに来たオオイチモンジのオス

201173031_056s

2011.7.31 トラップについに来たオオイチモンジのオス。北海道大雪山に来た目的はこのオオイチモンジのメスの採集と写真撮影だ。メスは白帯が広く豪華な印象を受ける。オオイシモンジにはクロオオイチモンジと呼ばれる黒化型シリーズがあり、黒化程度によってレベルⅤからⅠまである。レベルⅤの表面は、ほとんど真っ黒。雌は更に珍品。

201173031_057s

2011.7.31 「山の上」でもらったリンゴトラップには蝶が群がる。コムラサキ、ヤマキマダラヒカゲ、クロヒカゲの面々。採集の対象にはならない。

201173031_085ss 

2011.7.31 コムラサキがたくさん集まった。ユニイシカリ林道。

2011812_013s 

2011.8.1 葉っぱの上のリンゴトラップに来たオオイチモンジのオス

2011812_012s

2011.8.1 オオイチモンジの食樹、ドロノキに設置したトラップに群がった蝶。オオイチモンジしか採集はしない。

2011812_103s

2011.8.2 ヒグマの糞?に来たオオチャバネセセリ。

2011812_1044s 2011.8.2 オオイチモンジのメス 

北海道大雪山に来た目的を成就する瞬間。撮影に成功。このオオイチモンジのメスはオスに比べ白帯が幅広く、豪華な感じを受ける。ドロの木上空から滑空して来る様は、一目で、オオイチのメスだと分かる。女王の登場だ。当初は空中戦で取り逃がしてばかりしていた。あるときは、撮影しようと近づいた瞬間、逃げられたこともあった。当初、人の気配を敏感に感じ取ることを理解していなかったため、成果があがらなかったようだ。

|

« 大雪山のカラフトルリシジミ | トップページ | 多摩川源流の一の瀬 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

楽しそうな旅行で何より、写真もとってもきれいです、12月以降も近況お知らせくださいね

投稿: 原口武夫 | 2011年8月 9日 (火) 08時22分

いつもお世話になっております。楽しい思い出ありがとうございました。

投稿: マイキー | 2011年8月 9日 (火) 19時47分

まとめて拝見しました。見ごたえある記事ですね、いよいよ255種チャレンジでしょうか。先日私はにわか虫おじさんの役で子供昆虫教室をがんばってきました。

投稿: 遊歩道 | 2011年8月11日 (木) 22時18分

北海道には3泊4日で、オオイチモンジのメス狙いと高山チョウの撮影でした。

投稿: マイキー | 2011年8月13日 (土) 06時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208699/41066840

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道大雪山のオオイチモンジ:

« 大雪山のカラフトルリシジミ | トップページ | 多摩川源流の一の瀬 »