« イソウロウグモ | トップページ | 皇帝ダリア »

11月中、下旬の蝶

20111120_005s

2011.11.20      キタテハ    里山民家岸

霜注意報も出る今日このごろ、蝶を探しに近辺を歩き回ったが、12種の蝶を写真撮影できた。惜しくも、アオスジアゲハを撮るチャンスを逃した。またムラサキシジミ、ルリタテハ、アカタテハなどは出会わなかったのが残念だった。

20111120_009s

2011.11.20     キチョウ    里山民家岸

キチョウは必ず、翅を閉じたまま吸蜜する。ハギなどの芽に卵を産み付ける。

20111123_048s_2

2011.11.20    ヤマトシジミ    武蔵村山里山民家岸

この時期、一番多いのが、このヤマトシジミ。すべての蝶に言える事だが晴れていないと、姿をあらわすことは少ない。

20111120_018s

2011.11.20     ウラギンシジミ     里山民家岸

この個体はかなりボロ。常緑樹の木の葉裏で冬眠する。

20111121_003s

2011.11.21    ムラサキツバメ    東大和

今年は夏にマテバシイの木がほとんど幹ばかりになるほど伐採されたので、期待はしていなかったけれど、なんとか1頭見つけることができた。

20111121_007s

2011.11.21      ヒメアカタテハ     東大和

この時期、ヒメアカタテハはよく見るが、アカタテハの姿は見ない。

20111121_016s_2

2011.11.21    ツマグロヒョウモン   東大和

この蝶だけは、この時期になっても、数は少なくなったが、いなくなることはなかった。

20111123_043s

2011.11.23     モンシロチョウ     東大和

畑に近い、花のあるところには元気に飛び回っている。

20111127_005s

2011.11.27    ベニシジミ    武蔵村山カタクリの里

ベニシジミも結構、寒さに強い。

20111123_047s

2011.11.23    ウラナミシジミ   東大和清水

11月中、下旬にもまだまだ生き残っている。日当たりのよい花が咲いているところでは、結構飛んでいる。

20111123_050s

2011.11.23     モンキチョウ   狭山公園

キチョウと同様このモンキチョウも寒さに強い。飛び方はすばやい。クローバーやレンゲなどの豆科に卵を生む。

20111126_034s

2011.11.26    イチモンジセセリ     東大和

この時期、まさかイチモンジセセリに出くわすとは思わなかった。ヤマトシジミ、キチョウ、モンキチョウ、ヒメアカタテハなどは、必ず出会うのだが。

   

  

|

« イソウロウグモ | トップページ | 皇帝ダリア »

住まいの近辺」カテゴリの記事

コメント

蝶の生命力には驚かされます
カブトムシは夏が終わるとさっさといなくなります

投稿: 遊歩道 | 2011年12月 4日 (日) 08時13分

本日は12月4日ですが、まだ蝶を見つけることができました。キチョウ、ベニシジミ、ヤマトシジミ、キタテハです。探せばムラサキシジミ、ムラサキツバメ、ウラギンジジミなど発見できるでしょう。

投稿: マイキー | 2011年12月 4日 (日) 11時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208699/43093474

この記事へのトラックバック一覧です: 11月中、下旬の蝶:

« イソウロウグモ | トップページ | 皇帝ダリア »