« 皇帝ダリア | トップページ | ブータンシボリアゲハ »

アオゲラ

20111204_020s

2011.12.04    アオゲラ     狭山公園

是非とも写真に撮りたかったのがこのアオゲラだ。去年は狭山緑地での撮影に失敗していた。アオゲラがいるという情報は持っていたが、なかなか見つからなかった。今日は運よく、アオゲラを撮影している人と共に、私も撮影することができた。

20111204_018s

2011.12.04     アオゲラ

今回、念願のアオゲラを撮影できた。この冬の次の目標は、トラツグミの撮影だ。

20111204_011s

2011.12.04    アオゲラ

留鳥として、旧北区、本州だけ生息。堅い尾羽を利用して縦に樹幹に止まり、そのまわりをクルクルと螺旋形に回りつつ梢の方によじ登っていく。

20111204_028s

2011.12.04  イロハモミジ    狭山公園

奈良の都のころから、紅葉現象は人々に愛され、観賞されたが、平安の王朝となると、貴族たちの生活の中では、重要な季節の楽しみとなっていった。謡曲に「紅葉狩」という演目がある。深山にモミジを見に行った平 維茂(たいらのこれもち)が鬼女にあうという話で、室町時代の観世小次郎の作だ。「紅葉狩り」という言葉は、このころから広く使われたようだ。

20111204_005s

2011.12.04     クロスジフユエダシャク    武蔵村山里山民家岸

午前中は狭山公園に行ったが、このクロスジフユエダシャクは数える程しかいなかったが、午後は場所を移動し、ここ里山民家一帯は、ウジャウジャと言うくらい、あたり一面飛び回っていた。ほかのエダシャクも混じっていたに違いない。先週は天気も悪かったせいかつ、発生初期だったため、数は少なかった。

20111204_002s

2011.12.04      カヤツリグサの一種

蚊帳吊り草で、昔の子供の遊びで、茎を引き裂いて蚊帳を吊ったような形を作って遊んだという。

20111204_033s

2011.12.04     ネズミモチ    武蔵村山里山民家岸

関東地方以西から琉球列島および朝鮮半島、台湾、中国の暖帯に分布。果実ハネズミの糞に似ているので俗にネズミノフン、ネズミノコマクラの名がある。

20111204_034s

2011.12.04      カリン      武蔵村山里山民家岸

中国原産、4~5月ごろ、枝先に1つずつピンク色の花が上向きに咲く。秋には青リンゴに似た実をつけ、やがて、黄色く熟して、よい匂いがしてくる。実は、堅く、酸味が強いので、生では食べられない。輪切りにして干したものを蜂蜜漬けにすると咳止めになる。

 

|

« 皇帝ダリア | トップページ | ブータンシボリアゲハ »

住まいの近辺」カテゴリの記事

コメント

蝶類学会の講演会行ってきました
私は15時少し前から1時間くらいほどしかいられませんでしたが
なかなか興味深かったです

投稿: 遊歩道 | 2011年12月11日 (日) 18時58分

私は朝から最終まで講演を聞いていました。疲れました。でも結構面白かったですね。

投稿: マイキー | 2011年12月11日 (日) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208699/43255528

この記事へのトラックバック一覧です: アオゲラ:

« 皇帝ダリア | トップページ | ブータンシボリアゲハ »