« これからの時代 | トップページ | オオイヌノフグリ »

春を告げる花

20120310_022s

2012.3.4     セツブンソウ        東大和市薬草植物園

今年の冬は、ことさら寒く暖房機器は、まだ手放せないが、野山には確実に春の足音が聞こえて来ている。セツブンソウは「節分草」と書き、代表的な早春植物のひとつ。節分のころには早すぎるが、2月の下旬には咲き始める。3月の終わりごろには果実が熟して種子を散布し、5月には地上部は枯れてしまう。この後、翌年の春まで長い眠りにつく。関東以西に分布する日本の特産種で、石灰岩地域に多く見られる。

20120304_008s_2

2012.3.4       セリバオウレン        東大和薬草植物園

オウレンと言えば、一般的に白花のキクバオウレンとその変種であるセリバオウレン、コセリバオウレンを指す。オウレン属の花は早春に開花するものが多く、、野外では花よりも、矢車のように広がった果実を見かけることが多い。果実の先は穴があいたようになっていて、揺らすとそこから種子がサラサラと落ちる。

20120304_014s

2012.3.4       クリスマスローズ      東大和薬草植物園

花は12月から2月にかけて咲き、クリスマスのころに咲くのでこの名がついた。花弁に見えるガク片は、冬の間は白色で、のち紫色をおびる。根茎にはヘレブリンと呼ばれるアルカリイドが含まれ、これには抗がん作用があると言われる。

20120304_032s

2012.3.4       スイセン       東大和薬草植物園

ヒガンバナ科の多年草で、原産地はスペインを中心とした地中海沿岸地域。平安末期に中国から渡来した。有毒植物で、ニラと間違えて食べ、中毒症状を起こす事件が時々ある。食べると強い嘔吐がある。学名の「ナルシサス」はギリシャ神話の美少年の名前で、泉に映った自分の姿に恋をして、毎日見つめ続けたら、1本の花になったという。

20120304_018s

2012.3.4     フクジュソウ        東大和薬草植物園

日本の固有種で、「福寿草」は新年の季語。フクジュソウは春一番に咲く花として名高い。朝に明るい日差しがあたると花が開き、日が落ちるころになれば閉じることから、花は光を感じて咲くと思われているが、実はチューリプのように、熱を感じて開花する。

20120310_013s

2012.3.4          ザゼンソウ        東大和薬草植物園

和名は「座禅草」と書き、高さ20cm程のずんぐりした暗紫褐色の仏炎苞の中に、球形の肉穂花序がある独特の姿をダルマ禅師にたとえたものである。

20120310_005s_2

2012.3.4      オウバイ         東大和薬草植物園

バラ科でなくモクセイ科。早春、垂れ下がった枝に黄色の花をつけるオウバイは、中国南部を原産地とする落葉低木で、中国名を「迎春花」という。日本には1624年~1644年ごろ渡来した。

20120310_016s

2012.3.4          梅 (バラ科)          東大和薬草植物園

ウメの花は万葉の昔から人々に愛され、花見の対象とされて来たが、実は中国原産で、日本には古くに渡来した植物である。日本への渡来は、「古事記」「日本書記」には梅の記述がなく、文献上は「万葉集」に初めて登場することから、7世紀後半ではないかと推測される。万葉集では、ウメの歌は118首も読まれている。日本在来のサクラは40首と少なく、ハギの141首に次ぐ多さである。ウメの花は「万葉集」を見るかぎり白梅のみで、当時はまだ紅梅はなかったといわれる。紅梅が初めて記述されているのは「続日本後記」という。

20120304_030s

2012.3.4      ボケ(バラ科)        東大和薬草植物園

中国原産の植物で、平安時代にはすでに伝来していた。春に美しい花を咲かせ、庭木や盆裁、切り枝に用いられ、さまざまな園芸品種がある。

20120310_020s

2012.3.10     スノードロップ      東大和薬草植物園

ヒガンバナ科で、原産地はヨーロッパからコーカサス山脈。冬の終わりから春先にかけ花を咲かせる。宗教とかかわりが深く、修道院の庭などでよく育てられている。聖燭節の日にスノードロップを家に持ち帰ると、家が清められるという言い伝えがイギリスのヘリフォート・ビーコン近隣で伝わっている。

    

|

« これからの時代 | トップページ | オオイヌノフグリ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208699/44364790

この記事へのトラックバック一覧です: 春を告げる花:

« これからの時代 | トップページ | オオイヌノフグリ »