« バリ島、東ジャワ採集紀行(アオネアゲハ) | トップページ | ホソオチョウとジャコウアゲハ »

ヒメギフチョウとスギタニルリシジミ

20120428_004s

2012.4.28     コツバメ      岡谷

岡谷インターを降り、ヒメギフのポイントに向かう。最初に出会ったのが、このコツバメ。年1回早春に発生。渓谷の林道、樹林帯の明るい林縁、林内の陽だまりなどでよく見られる。

20120428_024s

2012.4.28      コツバメ      岡谷

テリを張っていて、ほかの蝶などが飛んできたら追いかけまわす。♂は占有行動をとり、短距離を飛翔して、すぐ枝端などにとまる。太陽光線の照射面に翅面が垂直になるように体を横に傾けて日光浴をする特異な習性がある。

20120428_002s

2012.4.28      スミレ       岡谷

標高が1,000m近いので、スミレも今頃、満開だ。ヒメギフチョウが必ず、訪れる花のひとつ。

20120428_016s

2012.4.28      ヒメギフチョウ      岡谷

カタクリに来たヒメギフチョウ。残念ながら今回はこの1枚しか撮れなかった。ヒメギフチョウは一般的にカタクリがもっとも好まれ、他にフキ、タチツボスミレなどのスミレ類、ショウジョウバカマ、ヤマザクラなどのサクラ類、タンポポなどに吸蜜する。

20120505_007s

2012.4.28         ウスバサイシン

ヒメギフチョウの食草。ウマノスズクサ科。湿った林下に自生する多年生草木。葉が薄く、味が辛いことからこの名が付いた。漢方に使われる。

20120428_014s

2012.4.28      スギタニルリシジミ      岡谷

カタクリに来たスギタニルリシジミ。年1回発生。東京近郊では4月中旬から5月中旬に見られる。

20120428_030s

2012.4.28        スギタニルリシジミ       岡谷

低山地から山地の渓谷に生息することが多く、渓流沿いの林道などでよく見られる。訪花性が強いだけでなく、♂は湿地におりて集団で吸水する。

20120428_021s

2012.4.28      ルリタテハ        岡谷

このルリタテハのように、早春に見られるものは越冬した秋型であるが、一般的に、ヒオドシチョウのようにひどい翅の損傷はない。路上、石上などに静止することが多いが、きわめて敏捷で近寄りがたい。しかし一度飛び立っても再びもとの場所に帰って来ることが多い。

20120428_034s

2012.4.28       アカタテハ       岡谷

飛翔は敏活、花、樹液に集まり、また樹幹、路上に静止することが多いが、ルリタテハと同じように、きわめて鋭敏で近づき難い。最近あまり見かけなくなったのは気のせいか?

20120428_033s

2012.4.28       テングチョウ       岡谷

野山に行けば必ず出会う。成虫で越冬した個体。

20120428_001s

2012.4.28        シータテハ       岡谷

成虫の飛翔はキタテハよりさらに敏活、日光を浴びて路上などに静止することが多く、花や樹液にも集まる。

20120428_036s

2012.4.28       諏訪湖

ヒメギフチョウのポイント近くからの眺め。流入する川は31もあるのに、流出する川は天竜川のみ。神代より諏訪明神は龍の化身であるとする。諏訪大明神画詞の中に「元寇の役、即ち文永11年(1274年)と弘安4年(1281年)再度にわたる蒙古軍の襲来に際し、諏訪大社、上社の神苑に巨竜立ち昇り西方に向かって飛翔し博多湾上に蒙古の軍船を撃滅し給う。という記述がある。

 

    

 

|

« バリ島、東ジャワ採集紀行(アオネアゲハ) | トップページ | ホソオチョウとジャコウアゲハ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208699/45146838

この記事へのトラックバック一覧です: ヒメギフチョウとスギタニルリシジミ:

« バリ島、東ジャワ採集紀行(アオネアゲハ) | トップページ | ホソオチョウとジャコウアゲハ »