« 奥多摩にミヤマカラスアゲハを求めて | トップページ | 里山のシジミチョウほか »

絶滅危惧Ⅰ種チャマダラセセリを探して

20120527_002s

2012.5.27        ヒトリ蛾のケムシ        山梨御坂

本日は3ヶ所を巡る旅となる。第一目標はアサマシジミの発生状況を見ること。第ニ目標は絶滅危惧Ⅰ種チャマダラセセリを探すことだ。第三はウラゴマダラシジミの撮影だ。朝4時半起き、5時半出発。最近できた高尾インターから中央高速に入る。

第一目標地点のアサマシジミのポイントに来て見たが、2週間ぐらい早いせいか、姿を見ることはできなかった。いたのはこのケムシぐらい。よく目立つ。かわいいやつだ。

20120527_003s

2012.5.27             ヤマボウシ       山梨御坂

ヤマボウシの自生域の中心は、ブナ帯下部にある。比較的標高の高いところで生活している人々の間では、ヤマボウシが咲いたら田植えをするように親が教えたという。

20120527_004s

2012.5.27           コミスジ        山梨御坂

本日、御坂でみた蝶といえば、このコミスジ。この後、何もいないので、すぐ御坂.を後にした。

20120527_009s

2012.5.27       キジムシロ(チャマダラセセリの食草)       富士林道

山梨県御坂を後にし、富士山周辺の林道に分け入った。富士林道の広い草地を中心に、チャマダラセセリを探した。チャマダラセセリの時期としては遅い。3ヶ所、丹念に見て回ったが、1頭も発見できなかった。また来年チャレンジしよう。チャマダラセセリは北海道、本州(中部以北)、四国の山地に見られる。近畿、中国、九州には生息しない。幼虫の食草はバラ科のキジムシロ。ミツバツチグリなど。

キジムシロは、日当たりのよい、他に草があまりない場所では大きな株になる。

20120527_017s

2012.5.27

ずっと雲がかかっていたが、やっと撮影チャンスが訪れた。

富士山は、紀元前から世界的に有名だったようだ。秦の始皇帝の時代、徐福が千人を超える老若男女を伴って日本の蓬莱山(富士山)にやって来た。日本に霊薬を探しに来たという。

富士山と女神と言えば、コノハナサクヤヒメだ。絶世の美女で多くの男どもが心を奪われていった。しかし、「花の盛りは短くて」のたとえどおり、姫とても例外ではなく歳をとっていく。姫は自ら山の精になるべく、一人で山に登り、そこに身を隠してしまう。頂上への道すがら道案内をしたのが、三匹の猿だった。姫は猿たちに、「私が山に登ったことは誰にも言わないでおくれ」と頼んだ。そこで一匹目の猿は目をふさぎ、もう一匹の猿は耳をふさぎ、三匹目の猿は口を閉ざして、その事を姫と約束した。これが「見ざる、聞かざる、言わざる」の元だ。

富士山の女神としてコノハナサクヤヒメは、富士山本宮富士浅間神社(静岡県富士宮市)、一宮浅間神社(山梨県笛吹市)、箱根神社(神奈川県足柄下群)の祭神として祀られている。                   

20120527_018s1

2012.5.27        ダイミョウセセリ          多摩川

チャマダラセセリに出会わなかった富士林道を後にし、一路、.最後の地、多摩川に向かった。ここで出迎えてくれたのがダイミョウセセリ。

ダイミョウセセリは林地の蝶で、渓流沿いの山道の路傍などに多く、草原には生息しない。飛翔は敏活であるが好んで緑葉上に静止し、止まる場合はチャマダラセセリ亜科の通性として翅を水平に広げる。

20120527_019s1

2012.5.27          ウラゴマダラシジミ       多摩川

本日はすでに2ヶ所廻って来たので、ここに着いたのは午後遅い時間だった。なかなかシャッターチャンスがおとずれなかったが、やっと葉上に止まった。残念ながらこれ1枚しか撮影できなかった。来週土曜日もう一度チャレンジしよう。

    

       

   

|

« 奥多摩にミヤマカラスアゲハを求めて | トップページ | 里山のシジミチョウほか »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208699/45510786

この記事へのトラックバック一覧です: 絶滅危惧Ⅰ種チャマダラセセリを探して:

« 奥多摩にミヤマカラスアゲハを求めて | トップページ | 里山のシジミチョウほか »