« ホソオチョウとジャコウアゲハ | トップページ | 絶滅危惧Ⅰ種チャマダラセセリを探して »

奥多摩にミヤマカラスアゲハを求めて

20120520_001s

2012.5.20           ウツギ           奥多摩日原

奥多摩の日原は、道が狭く緊張するところもあったが運よくすれ違う車もなく無事目的地に到着した。本日の狙いは春型のミヤマカラスアゲハだ。

ウツギはウノハナとも言い、枝が成長すると、その中心部にある髄が消失して中空になるので「空木」ウツギと言う。昔、油を燃やして明かりをとっていた時代には、木の髄は灯心として生活の必需品だった。

20120520_002s

2012.5.20    山仕事に向かう地元の人と思われる(山菜取り?)    奥多摩日原

左の人はツキノワグマに額を引っかかれた傷があり、勲章として自慢?していた。

20120520_005s

2012.5.20         トラフシジミ        奥多摩日原

日当たりのよい林道には、トラフシジミが多い。すばやく飛ぶが朝の早い時間のためか、地面にとまる。皇居の北の丸公園にもいるという。私は残念ながら見つけることはできなかった。

20120520_011s

2012.5.20       トラフシジミ        奥多摩日原

日本全土に広く分布するが、いずれの地でも個体数は必ずしも多くはない。裏面の地色が夏型では白色、夏型では黄褐色となる。一般に夏型の方が個体数は少ない。

20120520_032s

2012.5.20       トラフシジミ       奥多摩日原

里山的環境の低山地から山地の雑木林の林縁や渓谷、潅木が茂る草原帯などに多く見られる。飛翔は敏活で、しばしば花にも訪れる。幼虫は花のつぼみや実を好んで食べるが、共食いの性質もある。濃いブルーがきれいだ。

20120520_013s

2012.5.20     ヤマアカガエルのオタマジャクシ       奥多摩日原

奥多摩の日原付近はまだ春真っ盛りだ。まだコツバメは飛んでいるし、このオタマジャクシも元気に泳いでいる。

20120520_017s

2012.5.20                   イボタガ        奥多摩日原

林道の真ん中で、くたばっていたイボタガ。春に出現する大型蛾。

20120520_021s

2012.5.20        コミスジ         奥多摩日原

春型は.夏型に比べてやや小型で、白い帯が幾分太い。

20120520_023s

2012.5.20       コツバメ       奥多摩日原

早春に現れるこのコツバメがまだ生き残っている。北海道や東北では5月中旬から6月上旬だから、ここ奥多摩日原も、結構寒い所なのかも知れない。

20120520_029s

2012.5.20        サカハチチョウ       奥多摩日原

和名サカハチチョウは夏型の特徴によって名付けられたもの、翅表の逆八字模様をなす白帯にもとづく。この春型でも見てとれる。一般に年2回発生。低山地の渓畔や林縁の草上に多く花に集まる。

20120520_028s

2012.5.20        ミヤマカラスアゲハ       奥多摩日原

雄の吸水性は顕著。日当たりのよい林道に流れ出た湧き水などに集まる。雄の集団吸水の個体数は寒冷地ほど多い。キハダ、ハマセンダン、カラスザンショウが主要な食草とされる。7月上旬に北海道大雪山に行くので、そこでもこのミヤマカラスアゲハに出会えると思う。楽しみだ。

   

 

      

|

« ホソオチョウとジャコウアゲハ | トップページ | 絶滅危惧Ⅰ種チャマダラセセリを探して »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208699/45432163

この記事へのトラックバック一覧です: 奥多摩にミヤマカラスアゲハを求めて:

« ホソオチョウとジャコウアゲハ | トップページ | 絶滅危惧Ⅰ種チャマダラセセリを探して »