« 里山のシジミチョウほか | トップページ | 由仁石狩のシロオビヒメヒカゲ »

アサマシジミとミドリシジミを求めて

20120610_002s

2012.6.10          アサマシジミ♂       山梨県御坂

陣馬山でも1979年までアサマシジミが生息していたという。もちろん今では絶滅している。この御坂のポイントに到着したのは8時30分ぐらいだろうか。すでに先客が来ており、私達と入れ替わるように退散したが、ひとりは、じゃま田さんだった。先方は私のことを知るよしもないが、私は旅行記などでじゃま田さんを知っているのだ。定年を退職されて数年らしいが、写真で見るより、かなり若いように感じた。早々と退散してどこヘ行くのだろうか。興味があったが聞かず仕舞いだった。

20120610_003s

2012.6.10              アサマシジミ♀           山梨県御坂

もうすでに先客がいたためか、個体数は少なかったように思う。飛翔はゆるやかで、生息地を遠く離れることなく草上を飛び、ときに路上に止まったり、ヒメジョオンなどの花で吸蜜したりする。

20120610_010s

2012.6.10         アサマシジミ♀         山梨県御坂

本日6月10日で、メスもふつうに見られた。昨年はメスの最盛期は1週間程あとだったと思う。今年はちょっと発生が早い。

20120610_011s

2012.6.10        アサマシジミ生息地

自然状態の草地が残っていないとアサマシジミに限らず生息できない。我々がこのポイント地点を立ち去ろうとした時、アサマシジミ目当ての新たな人達がやって来た。このポイントも賑やかだ。

20120610_013s

2012.6.10        アサマシジミ         山梨県御坂

アサマシジミは地域によって呼び名がある。北海道ではイシダシジミ、北アルプスではヤリガタケシジミ、シロウマシジミ。あとトガクシシジミなど。国外では、アルタイ、アムール、シベリア、中国大陸東北部、朝鮮半島に分布する。

20120610_015s

2012.6.10        アサマシジミ         山梨県御坂

食草はマメ科植物に限定され、幼虫は食草の先端部分の新芽や若葉のみを食べる。また、幼虫には常にアリがつきまとう。労齢幼虫が地上に降りるとアリは離れる。やはりアリがそばに居ないとハチなどに寄生されてしまうのか。

20120610_017s

2012.6.10       モンキチョウ       山梨県御坂

本日、所用があるのでここ御坂を早く切上げなければならない。どこにも寄らず帰らねばならない。アサマシジミを探しているあいだ、見かけたのがこのモンキチョウ。

20120610_020s

2012.6.10        エビイロカメムシ         山梨県御坂

生息域はススキなどイネ科植物の生えている所だ。

20120623_003s1

2012.6.23        ミドリシジミ           秋ヶ瀬公園

今年、2度、秋ヶ瀬公園を訪れた。周辺は沼地が多く水浸しになっている。従来から使っているジャングルブーツは全く役にたたない。ジャングルブーツは草原を歩くにはよいが、水に浸かると布素材で出来ているため、水がしみ込んでくる。昨年も何回か来ていて、分かっていたことだが今年もグシャグシャになってしまった。家に戻って早速、靴屋で立派な長靴を購入した。

20120623_009s

2012.6.23                    ルリタテハ            秋ヶ瀬公園

ミドリシジミにはやっと出会うことが出来たので満足したが、個体数は少ないのではないか。このルリタテハは秋ヶ瀬公園で出会った数少ない蝶のうちのひとつだった。

20120623_015s

2012.6.23          ツバメシジミ         秋ヶ瀬公園

目立った地理的変異は知られていないが、季節的変異があり、春型の雌は青色が目立つ。マメ科植物の蕾や花を主に食べる。

 

|

« 里山のシジミチョウほか | トップページ | 由仁石狩のシロオビヒメヒカゲ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
先週秋ヶ瀬公園で名刺をいただいたので遊びにきました。
今週ようやくミドリシジミ撮影できました。
今日も大勢人が来てましたよ。

投稿: 桐鳥ローランド | 2012年7月 1日 (日) 18時13分

コメントありがとうございます。ミドリシジミ撮影できてよかったですね。
私も、2日連チャンで秋ヶ瀬公園に行きましたが、撮影できたのは1回だけでした。
また、よろしくお願いします。

投稿: マイキー | 2012年7月 1日 (日) 20時08分

あの時に一緒に行った若い友達が、これを見つけてくれました。
ちゃんと挨拶もせずだったのが、残念です。
ブログをやってらっしゃいますが、写真屋さんということではないのですよね。
あの時ネットを持っていらっしゃったから。
あの日はあの後芦川と河口湖へ回りましたが、河口湖はまだ出ていませんでした。

投稿: じゃま田 | 2012年8月13日 (月) 15時23分

じゃま田さんにあの時お会いできて大変光栄でした。
以前、南ベトナムやボルネオの採集記をあこがれをもって読まさせてもらいました。
私は採集と撮影の両輪です。先日もオオゴマシジミを撮影した後、採集しようとしたところ、両方共、ダメでした。
今後もよろしくお願いいたします。

投稿: マイキー | 2012年8月13日 (月) 21時04分

マイキーさん、これからはブログを時々読ませていただきます。
インセクトフェアでは店番をしていますので、もし見つけたら声をかけてください。

投稿: じゃま田 | 2012年8月14日 (火) 10時34分

了解しました。インセクトフェアーでは、必ず、ご挨拶にあがります。
今後も御指導のほど、よろしくお願いします。

投稿: マイキー | 2012年8月14日 (火) 18時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208699/45655683

この記事へのトラックバック一覧です: アサマシジミとミドリシジミを求めて:

« 里山のシジミチョウほか | トップページ | 由仁石狩のシロオビヒメヒカゲ »