« オオムラサキのオスとメス | トップページ | 本栖湖のミヤマカラスシジミと安房峠のクマ »

松原湖のオオヒカゲ

20120728_001s

2012.7.28              イチモンジチョウ       松原湖

本日の予定は、松原湖でオオヒカゲ、スジボソヤマキを採集した後、韮崎に向かいオオムラサキのメスの撮影。その後本栖湖に向かいミヤマカラスシジミの採集と撮影だ。もりだくさんの予定だが、安全運転を心がける。まず出迎えてくれたのが、このイチモンジチョウだ。

20120728_002s

2012.7.28        ミヤマカラスアゲハ      松原湖

山に行けば、必ず、出会えるのがこのミヤマカラスアゲハだ。

20120728_006s

2012.7.28     ヒメキマダラセセリのメス      松原湖

樹林の林縁などの低い位置を敏速に飛翔し、アザミなどに訪れる。

20120728_032s

2012.7.28     ヒメキマダラセセリ         松原湖

森林性が強く、草原の真ん中にはいない。

20120728_008s       

2012.7.28     キシタバ (蛾)     松原湖

真昼間に蝶と同じように花に訪れていた。

20120728_011s

2012.7.28       シオヤトンボ       松原湖

シオヤトンボは4月中旬から7月。

20120728_019s

2012.7.28     オオシカラトンボ       松原湖

シオカラトンボより頑丈そうな印象を受ける。シオカラトンボが開放的な水域を好むが、このオオシオカラトンボはやや暗い水域を好む。

20120728_017s

2012.7.28      スジボソヤマキチョウ      松原湖

年1回の発生。6~7月に羽化し、短期間活動して弱い夏眠に入り秋、再び現れ、高原の花に集まる。標高1,000m以上の高地では夏眠は見られないという。

20120728_020s

2012.7.28      オオヒカゲ       松原湖

湿地帯のヤブの中にいるので、採集は難しいが、なんとか撮影できた。朝早くか夕方、道路沿いに出てきたところを採集するしかないだろう。和名オオヒカゲは大形のヒカゲチョウの意。北海道、本州のみ生息。

20120728_030s

2012.7.28      エルタテハ       松原湖

地理的変異は顕著ではないが、寒冷地に産するもので前翅端および後翅前縁に近い白斑は一般に明瞭となる傾向がある。

20120728_035s

2012.7.28        ウラギンスジヒョウモン      松原湖

暖地産のものは大型であるが、寒冷地に向かうにしがって次第に小型になる。

   

|

« オオムラサキのオスとメス | トップページ | 本栖湖のミヤマカラスシジミと安房峠のクマ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208699/46586469

この記事へのトラックバック一覧です: 松原湖のオオヒカゲ:

« オオムラサキのオスとメス | トップページ | 本栖湖のミヤマカラスシジミと安房峠のクマ »