« アカタテハの蛹と幼虫 | トップページ | ユウガギクとスズメウリ »

高尾山の野草

20120922_0011s

2012.9.22      スジグロシロチョウ      高尾山ケーブルカー広場

幼虫の食草は主にアブラナ科であるが、モンシロチョウと違って、基本的には野生のアブナラ科の植物を好む。雄に限って「香鱗」があり、雌をひきつけるためのフェロモンを放つ鱗粉のこと。レモングラスの香りがする。

20120922_013s

2012.9.22       テングダケの仲間か?      高尾山琵琶滝

毒キノコは怖い。間違ってテンプラにして食べた一家全員が死亡した例がある。

20120922_015s

2012.9.22       ミドリヒョウモン        高尾山頂上

原野、草原には少なく、樹林あるいはその近辺に多い。食草は各種スミレ類。

20120922_019s

2012.9.22       シラヤマギク       高尾山山頂

山地に普通に見られ、高さ1~1.5mになる多年草。ときに若い芽をつんで食用とし、ヨメナに対してムコナと呼ばれることがある。

20120922_020s

2012.9.22      ミズヒキ      高尾山琵琶滝

名前の由来は、お祝いの贈り物などにかける水引に、実によく似ていることから来た。

20120922_021s

2012.9.22     シモバシラ      高尾山野草園

冬、枯れた茎の根元に氷ができ、霜柱のように見えるのでこの名がある。山中の木陰や林縁に生える多年草で、高さは60cm~70cm。

20120922_023s_2

2012.9.22      シュウカイドウ      高尾山野草園

原産地は中国だが、関東以西では野生状態のものが普通に見られる。花色がカイドウに似て、秋に咲くことから名付けられた。

20120922_025s

2012.9.22      キツネササゲ      高尾山野草園

低山地の林縁などに生え、黄色い花をつける以外に、とくにキツネと結びつく点はない。野生のササゲの意味と理解して、ノササゲの名を使う方がよいかもしれない。

20120922_035s

2012.9.22      シモツケ       高尾山

岩の多い山頂の草地に自生する。

20120922_024s

2012.9.22      カリガネソウ     高尾山野草園

全草に悪臭がある。日本全土の低山の林縁に生える。高さは1mぐらい。和名のとおり雁(カリガネ)の飛翔を思わせる花が咲く。

  

|

« アカタテハの蛹と幼虫 | トップページ | ユウガギクとスズメウリ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208699/47278017

この記事へのトラックバック一覧です: 高尾山の野草:

« アカタテハの蛹と幼虫 | トップページ | ユウガギクとスズメウリ »