« 10月20日に見つけたホソオチョウ | トップページ | 空堀川の岸べ »

ゴイシシジミ

20121027_042s

2012.10.27     ゴイシシジミ      武蔵村山里山民家岸

本日は六道山を中心に、ルリタテハの食草、サルトリイバラやホトトギスを探しに午前中、歩き回った。天気が悪く、ずっと曇っていた。蝶も現れず、あきらめていた時、出会ったのが、このゴイシシジミだ。

20121027_043s

2012.10.27     ゴイシシジミ      武蔵村山里山民家岸

わずかに翅を広げた瞬間。地色は白色で和名の由来でもあるゴイシ状の黒斑を全面に配列する。

20121027_048s

2012.10.27      ゴイシシジミ      武蔵村山里山民家岸

夏から秋にかけて個体数が多いのは幼虫の食餌となるアブラムシの発生に関係していると思われる。

20121027_053s

2012.10.27        ゴイシシジミ      武蔵村山里山民家岸

雌はアブラムシのコロニー内やその近辺に1卵ずつ産卵する。幼虫は純肉食性で、タケ、ササ類に寄生するササコナフキツノアブラムシを主に食す。

20121027_060s

2012.10.27       イヌタデ       武蔵村山里山民家岸

イヌタデの名は役にたたないタデの意味。まれに白色のものも混じることもある。

20121027_064s

2012.10.27       ツワブキ       武蔵村山里山民家岸

葉がフキに似てつやがあり、ツヤブキが転訛した和名。

20121027_035s_2

2012.10.27      ジョウビタキの雌       六道山

冬鳥。成鳥雌は、雄同様翼の白斑はある。

20121027_030s

2012.10.27        カラスウリ         六道山

カラスウリの花は甘く香る。スズメ蛾の仲間がやって来ては花粉を運ぶ。カラスウリの実で、ハロウインランタンが出来る。目鼻を切り抜くのだ。

20121027_028s

2012.10.27       ノハラアザミ       六道山

ノアザミは春から夏に、ノハラアザミは秋に咲く。茎の先に紅紫色の頭花を直立してつける。

20121027_062s

2012.10.27      アキノウナギツカミ      武蔵村山里山民家岸

花は枝先に10数個集まってつく。茎のトゲを利用すればウナギも捕まえられるという意味。

         

|

« 10月20日に見つけたホソオチョウ | トップページ | 空堀川の岸べ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208699/47611157

この記事へのトラックバック一覧です: ゴイシシジミ:

« 10月20日に見つけたホソオチョウ | トップページ | 空堀川の岸べ »