« 西イリアンの中継地スラウェシ(セレベス)島へ | トップページ | 空堀川の小鳥 »

ウメとカワヅザクラ

Dsc_2355
2013.3.3       ウメ       東大和空堀川

冬の寒さの中、花をつけるが、今年は遅れている。中国うまれ。花は葉痕の脇に1~3個の花をつける。枝に花をつけるように咲いている。色は白、紅、薄紅などある。また、一重咲きや八重咲きがある。

Dsc_2395

2013.3.3          ウメ        東大和仲手原

奈良時代以前に花といえば、ウメをさした。ウメよりサクラが愛されるようになったのは平安中期から。

Dsc_2388
2013.3.3      ソシンロウバイ      東大和空堀川

ソシンロウバイは花びらの先が細くなっている。マンゲツロウバイは花びらの先がまるみをおびている。ロウバイは内側の花びらのもとが赤褐色をしている。

Dsc_2368

2013.3.3       カワヅザクラ      東大和空堀川

カワヅザクラも、咲くまでもう少し。まだ気温が低い。あさってあたりから暖かくなるとの事。

Dsc_2385

2013.3.3      ヒイラギナンテン     東大和空堀川

花は、普通ならば2月半ば頃、茎の先からでている5~6本の花の軸に、黄色い花をたくさんつける。

Dsc_2372_2
2013.3.3     カンツバキ        東大和空堀川

11月~3月頃、紅色の半八重の花が咲く。名前は、冬にツバキに似た花を咲かせることから付けられた。

Dsc_2376

2013.3.3      スイセン       東大和空堀川

花は、長い花筒の先が6つに裂けて花びらのように広がり、花筒の入口には、黄色い副花冠といわれるものが開いている。

Dsc_2378

2013.3.3     クリスマスローズ      東村山中央公園

ニゲルXアーグティフォリウスの交配種、バレンタイングリーン。

Dsc_2397
2012.3.3       ジンチョウゲ      東大和仲手原

日本に成育しているのは、ほとんどが雄株。果実は有毒で歯痛、口内炎などの民間薬であった。

|

« 西イリアンの中継地スラウェシ(セレベス)島へ | トップページ | 空堀川の小鳥 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208699/49820206

この記事へのトラックバック一覧です: ウメとカワヅザクラ:

« 西イリアンの中継地スラウェシ(セレベス)島へ | トップページ | 空堀川の小鳥 »