« ミヤマセセリ他 | トップページ | ウラゴマダラシジミとアカボシゴマダラ »

早春のホソオチョウ

Dsc_25541

2013.3.23      ホソオチョウのオス       所沢早稲田キャンパス

ここのホソオチョウは3月から飛ぶ。昨年は10月中旬までいた。飛翔能力がないため、人為的移入である。

Dsc_2556

2013.3.23       ホソオチョウ       所沢早稲田キャンパス

この個体は前の個体と同じもの。季節的変異が著しい。

Dsc_2559
2013.3.23      キタテハ        所沢早稲田キャンパス

越冬成虫は早春より出現、産卵する。第1化の夏型(6月上旬)から発生を繰り返し11月まで羽化がつづく。

Dsc_2560
2013.3.23      タチツボスミレ        所沢早稲田キャンパス

種子の一部にアリが好むエライオソーム(脂肪酸を多く含む)がついている。よってスミレの種子はアリ散布によるといわれる。

Dsc_2537

2013.3.16          ウグイスカグラ      武蔵村山里山民家岸

新芽が吹き出すとともに咲く。果実は食べると甘い。

Dsc_2538
2013.3.16       アカガエルの卵       武蔵村山里山民家岸

アカガエルの冬眠は水底で行う。

|

« ミヤマセセリ他 | トップページ | ウラゴマダラシジミとアカボシゴマダラ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208699/50902700

この記事へのトラックバック一覧です: 早春のホソオチョウ:

« ミヤマセセリ他 | トップページ | ウラゴマダラシジミとアカボシゴマダラ »