« カワラヒワとコチドリ | トップページ | 秋川渓谷桧原 »

メスグロヒョウモンとキタキチョウの産卵

Dsc_28071

2013.6.18        メスグロヒョウモン        武蔵村山岸

年1回の発生。今年はよくメスグロヒョウモンを見かけるが、撮影のチャンスは少ない。樹林地帯にいる。

Dsc_2820
2013.6.18      ゴイシシジミ        武蔵村山岸

幼虫は純肉食性でアブラムシを食す。夏から秋に多くなるが、アブラムシの発生量に関係していると思われる。

Dsc_2812

2013.6.18      ホタルブクロ     武蔵村山岸

和名は、この花の中に子供が蛍を入れて遊んだことによるとか、ちょうちんの昔の呼び名である「火垂る袋」によるとか言われている。    

Dsc_2817
2013.6.18       スジグロシロチョウ      武蔵村山岸

湿気に富む林地に多い。ヤマトスジグロシロチョウは石灰岩質の地域に多い。

Dsc_2801
2013.6.16      ショウジョウトンボ      狭山緑地

この格好は、太陽の直射を避けるためのものらしい。アキアカネなどより一回り大きい。オスは真っ赤、メスは茶色。トンボは不完全変態。

Dsc_28621
2013.6.23        キタ キチョウ       狭山丘陵赤坂谷戸

今日、午前中は秋川渓谷、午後は狭山丘陵の赤坂谷戸に行ったが曇り空で残念。マメ科のネムノキに産卵している。

Dsc_28651
2013.6.23      キタキチョウの卵       狭山丘陵赤坂谷戸

ネムノキの新芽や葉の表面に産卵していた。1個づつ生んでいた。

Dsc_28731
2013.6.23       ツバメシジミ       狭山丘陵赤坂谷戸

食草はマメ科植物。またマメ科以外ではカナムグラの花穂を食べる記録がある。

Dsc_2868
2013.6.23      オカトラノオ      狭山丘陵赤坂谷戸

白花は下部から順に咲き上がり、先の垂れたシッポのようだ。

|

« カワラヒワとコチドリ | トップページ | 秋川渓谷桧原 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208699/52109139

この記事へのトラックバック一覧です: メスグロヒョウモンとキタキチョウの産卵:

« カワラヒワとコチドリ | トップページ | 秋川渓谷桧原 »