« 早春のホソオチョウ | トップページ | ゼフィルス他 »

ウラゴマダラシジミとアカボシゴマダラ

Dsc_26061
2013.5.26      ウラゴマダラシジミ     多摩川(日野)

イボタノキに潜り込むウラゴマダラシジミ。飛ぶのが早くなかなかとまらない。本日は2枚しかシャッターチャンスがなかった。うち1枚は葉っぱが邪魔して使用できなかった。

Dsc_2618
2013.5.28      ウラゴマダラシジミ      多摩川

5/26は写真が撮れなかったため、本日は早朝、再度、挑戦した。不活発で難なく撮影できた。

Dsc_26191
2013.5.28      ウラゴマダラシジミ        多摩川

岩手県や中部地方の山地帯に産するものは翅表が黒化し、青色部が少なくなる。ウラゴマダラシジミ属の1属1種で原始的諸形質を持つ。

Dsc_2621
2013.5.28     ウラゴマダラシジミ     多摩川

15時から16時ごろに最も活発に飛ぶ。2齡以降、アリがつきまとう。アリがまったく見られない木では100%寄生バチにやられてしまうとの事。

Dsc_26262
2013.5.28        キタテハ        多摩川

昭和30年代、都心の中野区上ノ原に住んでいたいたころ、草野球していたボールが、生い茂ったかなむぐらの中に入り込んでしまったものだ。当時は、キタテハはそこら中にいたし、秋になるとツマグロキチョウが飛び回っていた。

Dsc_2610
2013.5.26    アカボシゴマダラ     多摩川

先日も多摩湖を散歩していたとき、朽木にアカボシゴマダラが止まったので、手づかみしよう.として逃げられたが、今年はアカボシゴマダラに出会う頻度が少ないように思う。

Dsc_2611
2013.5.26    アカボシゴマダラ      多摩川

春型は白化し、白色鱗によって後翅の赤色班がほとんど消失するものもあらわれる。

Dsc_2615
2013.5.26       ヒメウラナミジャノメ    多摩川

雑草間を地上低く飛ぶ。越冬隊は幼虫。

Dsc_26232

2013.5.28       テングチョウ      多摩川

数年前、真冬に皇居、北の丸公園でテングチョウに出会のが、私は「蝶屋」として復活した理由の1つである。

Dsc_26312

2013.5.28      キタキチョウ      多摩川

成虫で越冬。

Dsc_26331
2013.5.28       ベニシジミ       多摩川

まれに翅の橙赤色部がすべて白色に置き換わる白化型があらわれる。

|

« 早春のホソオチョウ | トップページ | ゼフィルス他 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208699/51784684

この記事へのトラックバック一覧です: ウラゴマダラシジミとアカボシゴマダラ:

« 早春のホソオチョウ | トップページ | ゼフィルス他 »