« 秋川渓谷桧原 | トップページ | 奥多摩日原 »

大穴隧道近辺のスジボソヤマキとオオミスジ

Dsc_2887
2013.6.29    キマダラツマキリエダシャク     大穴隧道

最初に出会ったのが、この蛾。7~8月に出現する。      

Dsc_2890
2013.6.29      オオミスジ       大穴隧道

神奈川県で絶滅種、埼玉県と東京都では絶滅危惧1類にランクされている。

Dsc_2908
2013.6.29     ゴマダラチョウ    大穴隧道

訪花性は弱く、まれにカラスザンショウ、イヌザンショウにくる。

Dsc_2901
2013.6.29      スジボソヤマキ      大穴隧道

6~7月に羽化するが、標高1、000m以上の高地では夏眠はみられない。

Dsc_2917_2
2013.6.29     ヘリグロチャバネセセリ      大穴隧道

樹林と草原が入り混じった環境に生息。

Dsc_2913
2013.6.29      トラフシジミ      大穴隧道

裏面の色が春型では白色、夏型では黄褐色となり、季節的な変化が著しい。

Dsc_2924_2

2013.6.29     アオカナブンとルリタテハ    大穴隧道

ルリタテハは極めて敏感だが、1度飛び立っても元に戻る習性がある。

Dsc_2902
2013.6.29      オオムラサキ      大穴隧道

後翅裏面の色調は関東から東北地方では白色型は少なく、九州ではほとんど白色型のみで、黄色型は極めて希となる。

Dsc_2916
2013.6.29       クロハナムグリ      大穴隧道

変な匂いがする。

|

« 秋川渓谷桧原 | トップページ | 奥多摩日原 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208699/52237591

この記事へのトラックバック一覧です: 大穴隧道近辺のスジボソヤマキとオオミスジ:

« 秋川渓谷桧原 | トップページ | 奥多摩日原 »