« ペルーの絶品のマス料理 | トップページ | 東京近郊の春の蝶 »

アンデスの珍品モッシーを捕らえる





P1000586

2013.11.22   アンデス高地に向かう途中の町

なんかさびれた町だが、人々は明るい。本日は6時朝食、ティンゴマリアを6時30分出発。ワヌコの町中を抜けるのに時間をとられ、9時半過ぎに約4、000m地点に到着。

P1000604

2013.11.22

高山病予防のため、商店でアメを購入。このアメをなめると高山病になりにくいらしい。車で4千mまで登ったが、走らない限り、息切れはしない。

P1000593

2013.11.22

道路の脇が谷になっており、高山蝶が生息するが、空はどんより曇っており気温も低く、蝶は飛ばない。

P1000602

2013.11.22

3千800m地点を流れている川だが、水量は多い。石づたいに飛んで渡ろうとしたところ、バランスを崩し、一番深いところにドボン。若い時と違って感覚が鈍っているし、体力もないのだ。左半身と腰まで水に浸かってしまい、頭の中が真っ白になってしまった。ネットの竿も根元を折ってしまったし、カメラもどっぷり水に浸かってしまった。万事休す。標本商のM氏とその助手が飛んできて怪我はないか?すぐ車のところに戻れと。そしてカメラのSDカードと電池を抜けと的確な指示。この指示のおかげでSDカードは無事だったが、カメラの方は以後、使用出来なかった。高山地帯でもあり気温も低かったので、上下のビニール製の雨合羽を着ており、その上からユニクロで買った超かるいオーバーコートを着ていた。そのためある程度、水の侵入を防ぐことができたが、長靴にはもろに水が入り冷たさが身にしみた。M氏に連れられ車に戻ろうとした時、急に太陽が顔を出した。すると高山性のモンキチョウが飛び始めたではないか。ここで採集しなければ悔いが残るので、車には戻らないことを告げ、濡れ鼠のままペルー最後の採集に没頭することにした。

Dsc_3480

2013.11.22   モスモンキチョウ   colias flaveola mossi      Peru

ずぶ濡れ状態のままだが、日が差してきたので寒さに震えることはなかった。アンデスベニモンキチョウに混じり、採集したのがこのモッシー。2頭からんでいたうちの1頭だ。惜しくも1頭は逃がしてしまった。

Dsc_3543

2013.11.22     モスモンキチョウ    colias flaveola mossi    Peru

2頭からんでいた時、いやに黒いなと思い、ネットを振りまくった。

Dsc_3476

2013.11.22      アンデスベニモンキチョウ    collias euxanthe felder    Peru

自宅のある東大和市に流れる空堀川の岸部の一角に、普通のモンキチョウの集まる草原があるが、この高山性のモンキチョウの生態も似たりよったりだろうと勝手に想像し、道路のある高所からポイントを見つけ、草原に下って行った。案の定、太陽が顔をだすと、どこからともなく、このアンデスベニモンキチョウが飛び出してきた。

Dsc_3540_2

2013.11.22   アンデスベニモンキチョウのオス   colias euxanthe felder   Peru

この蝶は飛び方が素早いので、追いかけて捕るのは至難の技だ。走ると息も切れる。

Dsc_3539

2013.11.22    アンデスベニモンキチョウのメス   colias euxanthe felder   Peru

今回の採集旅行は、ネットの竿を折ると、なぜか運が向いてきた。2本、竿を折ったが、1本目の竿を折った昨日は、立て続けにアドニスモルフォをゲットしたし、本日はモッシーを含め、満足のいく成果があった。竿を折ってから状況が一変し、運がむいてきたのだ。

Dsc_3478

2013.11.22     アンデスシロチョウ Tatochila Xanthodice paucar       Peru

ここの高山地帯では、太陽が出てくれないと全く、蝶は飛ばないので、成果は太陽しだいだ。

Dsc_3556

2013.11.22     アンデスシロチョウ   Tatochila Xanthodice paucar    Peru

ギンジャノメは時期が違うのか全く姿がなかったが、このアンデスシロチョウは太陽が照ると、どこからともなく姿を現す。

Dsc_3479

2013.11.22  Carterocephalus  タカネセセリ    Peru

この蝶があらわれるのも太陽次第。太陽がでると足元をチラチラ飛んで、高山植物の可憐な花におとずれる。

Dsc_3557

2013.11.22  Carterocephalus   タカネセセリ    Peru

今回のペルー採集旅行での最後となる蝶の一つだ。

|

« ペルーの絶品のマス料理 | トップページ | 東京近郊の春の蝶 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208699/54123598

この記事へのトラックバック一覧です: アンデスの珍品モッシーを捕らえる:

« ペルーの絶品のマス料理 | トップページ | 東京近郊の春の蝶 »