« ペルー 標高900mでの夜間採集 | トップページ | マエモンジャコウとカストニアという蛾 »

モルフォ採集




P10005091


2013.11.21     ナンベイトガリシロチョウ Melete lycimnia napona           Tambillo

P1000516

2013.11.21  Lycorea cleobaea トラフマダラ  Tanbillo

オスはヘアペンシルからフェロモンを出し、メスをおびき寄せるが、オス同士も集まる。このフェロモンの成分はアルカロイドが含まれており毒。だから、鳥は食べない。

Dsc_3567

2013.11.21     トラフマダラ       Tambillo

でかくていいチョウだ。

Dsc_3646

Papilio zagreus   キマダラマルバネアゲハ

トンボマダラに擬態しているアゲハチョウ。大きさはトンボマダラと同じぐらい。

P10005171_2


2013.11.21  テリディアコンフサ  Thyridia confusa Butler     Tambillo

毒のトンボマダラに擬態するのは、アゲハチョウの仲間ではトンボジャコウアゲハがいる。シロチョウではトンボシロチョウ。Methona confusaも同種。

P10005181

2013.11.21     ベニフチシロチョウ      Tambillo

小さいチョウだ。全体的に種類は多いが、小さめの蝶が多い。

P10005191

2013.11.21       Urbanus proteus  Tambillo

オナガセセリはマメ科を食草とし北アメリカ南部からアルゼンチンにかけて分布する。

P10005201


2013.11.21    エリッサタテハ  Metamorpha elissa          Tmbillo

なかなかよいチョウだ。

P1000523

2013.11.21   Morpho didius  ディディウスモルフォ         Tambillo

ブルーネットに絡んできたディディウスモルフォ。ネットを2度3度振って逃がしたとき、もうこれを逃がしたら後がないと思い気合を込めて4回目を振ってやっと捕らえた。

Dsc_3502

2013.11.21      ディディウスモルフォ   Tambillo

輝くブルーに見える翅の色は、鱗粉の細胞がひとつひとつ、きれいに並んで、この翅の微細な構造に光が干渉することで発色する”構造色”という光の見え方のトリックである。

P1000566

2013.11.21   Morpho adonis アドニスモルフォ     Tambillo

マエモンジャコウを捕らえるのにネットを地面に叩きつけた際、運悪く竿を.折ってしまった。だが、ネットの竿を折ってから俄然調子がでてきた。立て続けでアドニスモルフォを2頭ゲットしたのだ。

P1000565

2013.11.21    アドニスモルフォ     Tambillo

モルフォチョウの食草は種類によって大別され、主にコカ科、ツヅラフジ科、マメ科である。モルフォを捉えるにはコツがある。ここではそのコツは伝授しない。

Dsc_3504_2

2013.11.21     アドニスモルフォ     Tambillo

オスのモルフォチョウの腹部には、油性成分を多く含み、それが展翅後、翅に移って標本を損ねるので、チョウは採集と同時に腹部を切り離すことが重要である。

P1000570


2013.11.21          Tambillo

体調も戻り、やっとモルフォチョウも採集.出来て上機嫌である。

|

« ペルー 標高900mでの夜間採集 | トップページ | マエモンジャコウとカストニアという蛾 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208699/54114821

この記事へのトラックバック一覧です: モルフォ採集:

« ペルー 標高900mでの夜間採集 | トップページ | マエモンジャコウとカストニアという蛾 »