« 新緑に舞う蝶たち | トップページ | 台湾、奥萬大のメスシロキチョウ »

私の宝物1962年東京中野区のツマグロキチョウと1962年、1964年の小倉のギフチョウ

P1000843

1962.4.12    ツマグロキチョウ4頭   東京都中野区上ノ原5番地近辺

1956、7年の頃、夏休みの宿題として自己流で展翅した蝶の標本を提出した。もちろん、志賀昆虫店など
知るはずもなく、親にデパートで買ってもらった台形をひっくり返したような展翅板で、アゲハからシジミまで
1本の展翅板で事足りるしろものだった。小学校5年のとき、同じクラスの仲の良い女の子の兄さんが蝶を
やっているので見に来なさいというので、お宅におじゃました。そこで出会ったのが、当時、京浜昆虫同好会
に所属していた慶応大の小林敏興さんだった。標本タンスから出される蝶に目をみはったものだ。驚いた
としか言い様がなかった。又、小林さんには、オオムラサキ、アカタテハ、ヒメキマダラヒカゲの幼虫など
もらって育てたりしたものだ。また一緒にゼフを探しに行ったこともあった。

P1000905




小林さんからいつも言われていたことがあった。近所でも採れるものは採っときなさいと。小学生では遠くには行けない。せめて家族同伴の高尾山・日陰沢でウスバシロチョウを採ったり、親の会社の箱根・強羅の保養所でクサギにくるモンキアゲハにみとれたりした。軽井沢の保養所近くの浅間牧場ではコヒョウモンモドキも採れた。そんなわけで、住んでいる近辺で採れるものは全て採ったものだ。たまたま、このツマグロキチョウが東京都区内で絶滅してしまった。当時、住んでいた三井鉱山社宅のそばに防空壕があり、付近を森に囲まれていた。ものすごく虫がおり、クロアゲハやカラスアゲハ、アオスジアゲハなど乱舞していた。夏には秋の虫たちがうるさいほど鳴いた。このツマグロキチョウは当時”上原ゲントのレッスン場に近くにあった広大な庭を持つ一戸建ての、荒れ放題の草ぼうぼうの中で採集したものだ。小学校低学年の時から毎年セミを採らせてもらっていて、いつも愛想の良い若い奥さんが子供を抱いていて、”どうぞいいですよ”といってくれていたし、お菓子ももらったこともあった。残念ながら、小林さんとは中学2年を境に、お会いしていない。というのは私が転居したため、それきり疎遠になってしまい。そして、挙句の果て高校2年の夏を境に、蝶の採集から遠ざかってしまった。小林さんは石垣島や西表島に、はじめて調査・採集に入った人で、その報告が当時の三越デパートで披露された。私と弟で、見学しに行ったものだ。中学生のときだったと思う。又、小林さんから京浜昆虫同好会出版の黄色い採集案内書やそれ以前に出された採集案内書も頂いたものだ。その案内書には十勝岳でアカボシウスバが数頭採れた話も載っていたりした。このツマグロキチョウの当時の展翅は雑で、ピン止めしたチョウ位置が、まちまちで横からみると4頭がバラバラである。ひどいのは下から3/1ぐらいのもある。長年たっているので触覚がこわれているものもある。またこのツマグロキチョウは4月に採集されたもので越冬個体と思われる。触覚もこわれ当時のまま。もう一つ小林さんから教わったものがあった。5万分の一の地図の見方だった。当時はどこか行く時は、必ず書店で5万分の一の地図を購入して見ていたものだ。

P1000994


1961年ごろ、三越で展示された西表島、石垣島など南西諸島での昆虫展示会。

右下に写っているのが私と弟。撮影したのは小林敏興さん。

P1000995

1958年8月   三井鉱山箱根寮にて  姉と弟と私

ここではじめてモンキアゲハに出会う。

P1000996

1959年2月   東京都中野区上ノ原5番地、三井鉱山社宅そばの防空壕にて

この一帯は我々の遊び場だった。付近を森と言って野生のウズラなどもいた。ツマグロキチョウをとったのはここからあるいて5分もかからないところだった。

P1000997

1959年2月   東京都中野区上ノ原5番地、防空壕そばのクスノキ

このクスノキの下枝にはアオスジアゲハの幼虫がたくさんいて、標本はすべて幼虫から、育てたものに順次とりかえたものだ。

P1000998


1960年8月    軽井沢浅間牧場にて

ここも親の会社の保養所近辺で、弟と共にコヒョウモンモドキなど採集した。   

P1000847

1962.4..5    ギフチョウ    神奈川県津久井郡小倉

初めて採ったギフチョウ。手が震えた記憶がある。何も手を加えていない、当時そのままの状態。触覚が無くなっている。又、当時、小倉山の近くの城山にもギフチョウがいた。この情報も小林さんから得たものだ。

P1000845

1964.4.5     ギフチョウ    神奈川県津久井郡小倉

1962年、初めて採った2年後、1964年、東京オリンピックの年には、この5頭の他、数頭採集した。横浜線の橋本駅からバスで行ったが、途中、かなり開発の波が押し寄せていた記憶がある。

|

« 新緑に舞う蝶たち | トップページ | 台湾、奥萬大のメスシロキチョウ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

初めまして

大変興味深く拝見させてもらいました。  蝶を追う昆虫少年の様子が本当によく窺えました。自分もミステリーハンターさん程専門的ではなかったのですが、小中学生の頃親に買って貰った補虫網と腰に三角ケース(?)を付け、北海道の野山を駆け回った時期がありました。 今は昔を思い出して身近な昆虫の写真を撮って楽しんでいます。

また色々な蝶を見せて下さい。

投稿: @me | 2014年6月15日 (日) 22時50分

コメントありがとうございました。
私の原点がここにありましたので、あえてブログにのせたしだいです。
今後もよろしく、お願いいたします。

投稿: マイキー | 2014年6月16日 (月) 21時27分

誠にありがとうございます。養老孟司さんの「自分の壁」を作っておりました。ご連絡を頂ければ嬉しいです。

投稿: 小林敏興 | 2014年12月15日 (月) 08時43分

私の願いがかないました。ありがとうございました。。

投稿: マイキー | 2014年12月20日 (土) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208699/55758507

この記事へのトラックバック一覧です: 私の宝物1962年東京中野区のツマグロキチョウと1962年、1964年の小倉のギフチョウ:

« 新緑に舞う蝶たち | トップページ | 台湾、奥萬大のメスシロキチョウ »