« オナシモンキアゲハとオナシクロアゲハ | トップページ | カザフスタンの馬乳酒とラクダミルク »

カザフスタンのシロチョウ

Dsc_3805


2015.7.3   カザフスタンヘ飛び立つ。

機内から見えるのは、黄河上流。ウズベキスタン航空でタシケント経由アルマティヘ。

この写真は行きの写真だが、ちょっと帰りの機内でのたわいもない出来事があった。友人から頼まれた18ドルのウオッカを買った。20ドルを出したが、お釣りはないと言う。すったもんだの末、2ドル分の飴を渡そうとした。見かねた仲間が10ドルを1ドルに両替。無事、買う事が出来た。

これも帰りのアルマティの空港での事。現地スタッフからスーツケースをビニールでぐるぐる巻きにするサービスがあるというので、10ドル出して、マユの様に巻いてもらった。ところが、成田空港では、怪しまれて、スーツケースを開けられた人が多かった。

Dsc_3807


2015.7.3

眼下に見える天山山脈期待に胸膨らむ。目標はパルナシウス。

Dsc_3811


2015.7.4.   これからお世話になる大型ベンツ

カザフスタンは資源国で豊か。車は大型車が多い。町もきれいで公園も整備されている。

ちょっと話がそれるが、便器の話をしたい。男性用の便器だが、アルマティの空港のそれは、人によっては背伸びしないと届かない。私は背伸びしないでギリギリセーフ。もちろん、小さな子供は使用出来ない。タシケントの空港は、それよりちょっと低い。

Dsc_3813


2015.7.4

アポロウスバシロチョウの乱舞する山々。今回、残念なことに、愛用のカメラが、壊れてしまい、あまり撮影出来なかった。一日目は、ポイントまでの5キロの山道を4回、往復したので、かなり疲れたたのだが、収穫も多く気分はよかった。今回の採集には、当局の採集許可証を、もらって来ているが、滞在中、当局から採集品の提出依頼があった。学名を調べるのに、携帯してきたInsects of Kazakhstanが役に立った。

Dscn0054jpg1



2015.7.4   Anthocharis cardamines

これ以外にもクモツキは採れたが、かわいらしく、やはりあこがれの蝶だ。  

Dscn0055jpg1


2015.7.4    Aporia crataegi   

ミヤマシロチョウもかなり飛んでいた。

Dscn0056jpg1


2015.7.6   Pieris brassicae

大型なので見極めがつく。

Dscn0057jpg1


2015.7.4  Metaporia leucodica

アポロウスバシロチョウに目が行くが、この蝶も、せっせと採集した。

Dscn0058jpg1


2015.7.4  Pieris rapae rapae

Dscn0059jpg1


2015.7.4   Pieris dulcinea dulcinea

Dscn0060jpg1


2015.7.4    Leptidea sinapis

Dscn0061jpg1


2015.7.4   Pontia daplidice  その仲間

Dscn0089


2015.7.7  Colias erate erate

Dscn0088


2015.7.5   Colias poliographus poliographus

 

|

« オナシモンキアゲハとオナシクロアゲハ | トップページ | カザフスタンの馬乳酒とラクダミルク »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208699/62728744

この記事へのトラックバック一覧です: カザフスタンのシロチョウ:

« オナシモンキアゲハとオナシクロアゲハ | トップページ | カザフスタンの馬乳酒とラクダミルク »