« ソロモン諸島、ガダルカナルの蝶と南海の巨人 | トップページ | カメルーン、リンベ のオオトカゲ、ボカシタテハ、そしてビール »

アフリカ カメルーンの蝶、バラクーダ




Dscn4633



2016.1.25    カメルーン リンベ市内

成田発エチオピア航空で、まずは香港を目指す。香港まではガラガラだったが、香港からアジスアベバまでは中国人で超満員になった。中国人の低力を感じた。ほとんどが仕事だろう。アジスアベバまでは16時間半。アジスアベバで乗り換えてカメルーンのドウアラまで、約6時間。途中、赤道ギニアのマラボを経由した。マラボは、ギニア湾に浮かぶビオコ島にあって、赤道ギニアの首都。石油によリ人口が膨れ上がった。この島には、3,008mのサンタイベル山がある。長時間で疲れていたせいか、一泊目の夜、ほとんどの人が、足がつったのは不思議だった。カメルーンのドウアラ空港にやっとのことで到着して、カメラを構えて、乗ってきた飛行機の写真を撮ったところ、呼び止められ、写真を撮ってはいけないとマジで注意されたのは、気分を害した。

Dscn4655


2016.1.26   リンベ  カメルーン山

朝もやに浮かぶ4,095mのカメルーン山。これから、このカメルーン山のふもとでの採集となる。

Dscn4695


2016.1.27     リンベ近郊の海岸、石油の掘削作業

カメルーンでは、公共施設、橋、など、写真撮影は厳禁。あるとき、走行している我々のマイクロバスに飛び乗ってきて、撮影など厳重注意された、怖い思い出がある。

カメルーン南部は、石油などが出て、割と豊かでテロもないが、ナイジェリア国境の北部は貧困地帯で、自爆テロが多発している。貧困が過激派組織のボコ・ハラムの温床になっているという。

Dscn4642

2016.1.27    SEME NEW BEACH HOTEL    Limbe,Cameroun

夕食の魚は、バラクーダ(鬼カマス)。最初に食べた感じはマグロかなと思ったが、仲間に聞くと白身魚とも。いずれにしても機内食に飽き飽きしていたので、うまいと感じ、バクバク食べた。。後日、帰国したのちインターネットで調べたら毒魚とあり驚いた。  そういえば、同室の上野さんが、突然、吐いたことがあった。私は特に、何事もなかったが、実は、朝、目覚めたと同時に、トイレに駆け込んだぐらいか。今思えば、夜、ほとんどの人が足つったのも、この毒のせいか?皆、2晩、連続で、知らずにバラクーダを食べたが。多分、ここのバラクーダの毒は、運よく、弱かったに違いない。

シガテラ毒

もともと魚がもっている毒ではないが、海藻に付着している渦鞭毛藻と呼ばれる植物プランクトンが作り出す。それを食べた魚等の体に蓄積されてくる。そのため食物連鎖の頂点にいるバラクーダなど大型魚を食べると中毒になるという。

厚生省では、バラクーダは毒魚として、食べてはいけない魚に指定されている。タイでこのバラクーダを食べた学生が入院している。

Dscn4672_2

2016.1.26   Limbe,Cameroun

第一日目の採集地、こんな木を見たのは、ここが最初で最後だった。乾燥が進んでおり、蝶もすくない。アフリカンタテハモドキ、カバマダラ、シロチョウなどいた。

Dsc_3939

2016.1.26   Junonia hierta cebrene       Limbe,Cameroun

Dscn4662


2016.1.26   リンベ

道から外れてジャングルに入ると、カカオがなっていた。シロチョウやホソチョウがいた。


Dsc_3941


2016.1.26            Mylothris yuilei bansoana           Limbe,Cameroun

Dsc_3952


2016.1.26      Mylothris chloris chloris       Limbe,Cameroun

Dsc_3942


2016.1.26    Appias sabina sabina      Limbe,Cameroun

Dsc_3946


2016.1.27    Dixeia cebron      Limbe, Cameroun

Dsc_3947


2016.1.27     Mylothris dimidiata    Limbe,Cameroun

 

Dsc_3962


2016.1.26        Eurema floricola leonis         Limbe,Cameroun

Dsc_3960


2016.1.26     Acraea bonasia bonasia        Limebe,Cameroun

Dscn4665jpg1


2016.1.26     Euchrysops malathana     Limbe

アフリカ カメルーンに来て、初めて撮った蝶は、尾錠突起が、最初からないウラナミシジミのようなシジミだった。

Dscn4669


2016.1.26   カバマダラ    LImbe

アフリカまで来て、カバマダラかよ!と思ったが、乾燥したなか、他の蝶もいないので、夢中でシャッターを押した。

Dscn4674


2016.1.26   リンベ

第1日目の昼食。現地スッタフの女性の手際良さが光る。最終日までの間、我々を一度も待たせることなく、また朝など必ず時間通り、アフリカンタイムなんて、全く関係なし。超デキの良い女性だった。

Dscn4675


2016.1.26    リンベ

村で食事を済ましたのち、騒ぎが持ち上がった。我々を案内している昆虫専門家と村人との口論だ。あまりにもすさまじかったので、我々はバスの中に避難した。それを見た村人は気持ちが和らいだのか、OKサインを出した。そんなわけで我々は裏山に採集に出かけることが出来た。前もって、ネゴされてなかったようだ。通常は入山料を払うのだが。

Dscn4679jpg1


2016.1.26    U.frrderikkae frederikkae       Limbe,Cameroun

かなリ小さめのシジミチョウ。

|

« ソロモン諸島、ガダルカナルの蝶と南海の巨人 | トップページ | カメルーン、リンベ のオオトカゲ、ボカシタテハ、そしてビール »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208699/64050409

この記事へのトラックバック一覧です: アフリカ カメルーンの蝶、バラクーダ:

« ソロモン諸島、ガダルカナルの蝶と南海の巨人 | トップページ | カメルーン、リンベ のオオトカゲ、ボカシタテハ、そしてビール »